女性が閉経を迎える年齢は、だいたい45歳〜55歳であると言われており、ちょウドその時期は、同時に更年期(四十代以降の男性にも、男性更年期障害と呼ねれる症状が起こることがあります)障害を患う人がほとんどで、さまざまな症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)に頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)を悩ませている人も多いようです。そもそも閉経とは、加齢による卵巣機能の低下により、卵巣で卵子が作られなくなって排卵がストップし、それによって子宮の内膜も厚くならず、その結果として、月経が止まることをいうのです。そして、最終月経から1年以上、月経がストップしていて、医師の診断の元で閉経(骨粗しょう症になりやすいといわれていますね)していると判断されれば、完全に閉経してしまってはいう状態になります。閉経で気になることで挙げられる1つとして、閉経(遅いほどいいというわけでもないそうです)後の避妊についてがあります。完全に閉経していると判断されれば、排卵は起こらないので、妊娠する可能性はゼロです。ですが、だからといって、まったく避妊しなくてもいいというのは間違いようですね。妊娠の可否の他に、性病(色々な種類があり、中には深刻なものもあります)への感染の心配もありますので、閉経したからといってまったく避妊しないという事ではなく、コンドームで感染予防を心がけることが重要です。また、閉経(不快な症状に悩まされる人も少なくないでしょう)するかしないかというグレーゾーンの時期は、必ず避妊することをお勧めします。閉経直前の時期と言うのは、月経も来たり来なかったりと不安定です。半年以上月経が来なかったりすることもあり、妊娠する可能性も極めて低いだろうと思い込む人が多く、避妊しない人も少なくありません。でも、完全に閉経しないうちは妊娠の可能性を秘めているので、望まない妊娠や性病感染予防のためにも避妊は必要不可欠ですー